本文へスキップ

建築・鉄部塗装、防水・シーリング工事
Tweet はてなブックマークに追加



防水・シーリング工事

ウレタン防水とシーリング

ベランダのウレタン防水作業完了

ウレタン防水とは

「防水」と言われてもピンとこない方がほとんどだと思いますが、防水とは読んだまま「水を防ぐ」事を目的とした工事です。防水をすることにより、建物への雨水の侵入を防ぎ、雨漏りや劣化を防ぎます。屋上やベランダ、庇(ひさし)等に多く施工されています。
数ある施工法(FRP、シート防水等)の中から私たちがおすすめし、提供しているのがウレタン防水です。
ウレタン防水の特徴としては、まず美観に優れることです。ウレタン(液状で固まるとゴムのようになる)を塗ることで様々な下地の形状にきれいに馴染みます。また施工場所を一枚の塗膜で覆う為、信頼性も高く塗り重ねでのメンテナンス、部分的な補修も可能です。それらの理由から維持するコストも抑えられ、一戸建てに最適と考えおすすめしています。


窓まわりシーリング

 シーリングとは

シーリング(コーキング)とは、窓のまわりや建物の外壁の目地(めじ)によく見られる、建物の隙間から入る雨水より建物を守る、一見ゴムのようなもののことです。
シーリングは窓や目地以外でも建物の様々なところに施してあり、幅広い用途で使われます。外壁や防水の下地処理であったり、台所やお風呂場など部屋内の水回りでも使われています。
建物にある隙間、いわゆる急所に施してあるので劣化していると水の侵入を許し、建物を痛めていきます。また、劣化の状態が目に見えてわかりやすく、ヒビや亀裂が入っていたら早めの打ち替えをおすすめします。


建物の大敵、雨水を防ぐ

立ち上がりの防水補修作業

ウレタン防水工事の流れ

ここではウレタン防水を施工する場合、どのような流れになるかを簡単に説明していきます。
まず、施工する面を高圧洗浄し、苔や汚れをきれいに落とします。あわせてケレン・清掃し、施工面の下地処理に入ります。以前一度も防水されていない場合、モルタルを塗り新たな下地を作ります(防水されている場合は部分的な補修)。下地を作ることにより、既存の古い下地と材料の密着を高め、表面も滑らかになります。逆に、直に材料を塗ってしまうと、材料が床に吸われてしまったり、密着が悪かったりして防水の効果が十分とは言えません。また、欠損部等(クラックや欠けた部分)があればモルタル補修し、丈夫な下地を作ります。
次に全面にプライマー(接着剤のような材料)を塗っていき、下地とウレタンの密着を高めます。この時に補強のメッシュ(網目状のガラス繊維の補強材)やシーリングを入れることで耐久性を高め、時間が経ってもウレタンに亀裂等が入るのを防ぎます。
ここからウレタンの塗りに入りますが、床への施工はコテやローラーを使い十分に厚みをつけ、段差やつなぎ目が出ないように丁寧に塗っていきます。立ち上がりへの施工は専用の物を使い、ゴムべらでしごく等様々な工法があります。
最後は仕上げのトップコートを塗り完了します。これを塗ることにより防水の耐久性を高め、ウレタンのゴムの様な表面の質感が滑らかで歩きやすく埃のつきにくい状態になります。また、定期的なトップコートの塗り替えをすることにより防水が劣化するのを遅らせます。

新築から防水をしていないベランダ・屋上や、防水してある部分の補修・塗り替えメンテナンスにおすすめの防水工事です。


シンクまわりシーリング完了

防水対策を万全に

普段は気づきにくいのですが、ふと気にして見てもらえると建物には非常に多くの防水が施されているのがわかると思います。
しかし、建物が建てられた時期や状況などから防水が十分でない・劣化が進んでいる多くの場所が見受けられます。特にベランダや屋上、屋根などの建物の上側は気にして見てあげるべきだと思います。
水は上から下へ下がり浸み込んでいくので、ベランダから入った水がすぐ下の外壁にまわる・部屋内にまわるという事があるからです。
外壁を目で見て壁が少し膨れていたら水がまわっているかもしれません。塗膜の下の建物本体に水がまわり、劣化させる前に確認することをおすすめします。

他にも、窓の周りや外壁の目地、ガラリ(排気口)の周り等、隙間をシーリングで埋める必要のある部分の確認もおすすめします。劣化しているとヒビが入って隙間ができてしまい防水の効果があまり無くなってしまいます。部屋内の台所・お風呂場などの水回りにも多くの場合シーリングが施されています。

また外壁がタイル面の建物もありますが、タイル面は目地のヒビや欠損がある場合は劣化している可能性があります。タイル目地が痛んでくるとそこから雨水が侵入し、タイルが浮いてはがれ落ちることもあります。タイルの浮きを検査した上でのエポキシ注入(建物の補修によく使われる工法)等での補修や部分的なタイル貼り替えをおすすめします。他にも最近ではタイル面に透明の防水塗料を厚く塗りメンテナンスする方法などあり、タイルの美観を維持し防水できるおすすめの工法になっています。

このように防水は建物の各所に確認すべき場所がたくさんあります。ご自分でよくわからない場合や劣化がひどい場合等、お気軽にご相談ください。

確認とメンテナンスで建物の劣化を防ぎます。資産価値を維持し快適な生活を送りましょう。


バナースペース

(株)やなぎはら塗装

〒235-0023
神奈川県横浜市磯子区森3-3-23-601
 TEL 045-349-5760 (9:00〜18:00)
 FAX 045-349-5760
 ACCESS 地図はこちら